高品質な電話対応を提供する電話代行サービス|企業の営業をサポート

展示会で失敗しないために

ブース

企業向け展示会というは、企業が企業に向けて製品やサービス、ブランドをアピールするイベントとなっています。つまり、企業向け展示会にブースを出展するということは、企業にとって新規顧客を獲得する営業チャンスでもあるのです。多くの企業は、展示会でより成果をだすために出展するブースに様々な工夫を凝らします。そういった企業の中には、派手な電飾や色合い、装飾を用いてアピールする企業があるでしょう。実際、派手なブースというのは集客率が高い傾向がみられます。派手なブースの集客率をみて、自社も次回は派手なブースを作ろうと考える企業も少なからずあるでしょう。しかし、それはお勧めできません。その理由として、派手なブースというのは集客率は高いが名刺交換等ビジネスチャンスに辿りつく機会が非常に少ないという点があげられるのです。
派手なブースに集まる来場者というのは、殆どが興味本位で集まります。そういった来場者の多くは、そのブースでアピールされる製品やサービス、ブランドに関して興味を抱く確率がとても低いです。また、ビジネス目的で訪れた来場者については、そういったビジネスにそぐわないブースに立ち寄ることは少ないでしょう。こういった点から考えて、ブースを作成する際には、集客率だけでなくビジネスの意欲を掻き立てるブースを設計する必要があるのです。そういったブースを設計するためには、企業向け展示会へのブース作成実績が豊富な施工業者に依頼し、戦略性のあるブース計画を立てる必要があります。